新店舗

ワールドカップ、昨日の敗戦で1勝1敗となりました。最終戦のスペインに勝って予選通過することを期待したいところです。

さてさて、年明けにオープンするアパマンショップ音更店。その新店舗、立ち上がってきました。年明けに完成引き渡しの予定です。

この新店舗は、音更、士幌、上士幌、足寄のエリアを営業範囲になります。あまり、力を入れてこなかった地方の営業ですが、これを機に、少々このエリアの取引が増えればなぁと思っております。

新しい店長、スタッフの配置など思案中であります。

がんばれ日本!

勝っちゃった。。

昨晩のワールドカップ、日本対ドイツ戦。皆さん、テレビ観戦されていたでしょうか。

私は、遠藤くんの送別会でしたので、宿泊しているマンスリーマンションに戻ってきて、途中(後半)からのテレビ観戦になりました。

まさかね。。。勝利するとは思ってもみませんでした。。それだけに、勝利を収めたことへの、驚きと感動はありました。

ドイツ人の気持ちを察すると、この上ない失望にさいなまれているんだろうと思い、気の毒さも感じますが。。。。日本人の私としては、素直にこの勝利に歓喜したく思っております。

予選はあと2戦残っておりますが、この2戦は、のっけから、テレビ観戦したく思っております。

俄然、楽しみになってきました。

がんばれニッポン!

遠藤くん、責務を全うしました。

うちのアパマンのスタッフの遠藤くん。自称、煉獄さん。責務の全うご苦労様でした。。

その、遠藤くんが福井に転勤して、賃貸事業の立ち上げに携わり1年半経ちました。一定の成果を収めたので、今月一杯で福井の勤務を終了することにしました。家族を北海道に残しての単身赴任。成果を前倒しでやり切ってくれたので、予定より早く北海道に戻す判断をしました。来月頭から帯広勤務になります。

福井の店舗ですが、経験者もいないところから始まりました。まったく契約がない月もあるレベルのこれからという店舗でした。

そこに遠藤くんが加わり、地元福井のスタッフの頑張りを加えて飛躍を遂げました。帯広でやっていることを、そのまま地元のスタッフに教え込み、基盤を作りました。月30本は、コンスタントに賃貸契約が上げる店舗に伸せました。

賃貸部門の撤退も考えておりましたが、そうならずにしてくれました。立派なことです。当然、彼一人の成果ではないにしろ、1年足らずで軌道に乗せたのは、評価に値することでしょうか。遠藤くん、遅くまで会社に残っていたと福井のスタッフから話を聞きました。

そんなスタッフがいるので、組織が伸びているんだなぁとしみじみ、つくづく思うところでしょうか。昨日は、遠藤くんの送別会ということで、福井のスタッフと一席設けておりました。スタッフの話を聞きながら、目頭が熱くなる場面もありました。

12月から遠藤店長がいなくなり、いよいよ遠藤チルドレンたちが活躍する店舗となります。。三谷さん武田さん、尾崎さん、遠藤店長のいいところだけ引き継ぎ(笑)、さらにいい店舗、いい職場にしてもらうことを期待しております。

武田店長、ご期待申し上げております。

ちなみにこの写真、キャバクラで撮った写真ではありません。店舗のスタッフたちです。12月から女性中心の店舗になります。

 

カレンダー

前日、毎年恒例のカレンダーの注文確認で、依頼先の業者さんから電話がありました。。

もう、そんな季節なのか。。と思いながら、300本ほどのカレンダー注文いたしました。カレンダーは、主に、賃貸物件を所有されている大家さんに送っております。少々残ったものは、一部のお客様にお渡ししております。

数十本余る予定なので、ほしい方がおりましたら、事前にアナウンス頂ければ取り置きしておきます。。

↓今年のものですが、来年2023年も、同様のものです。。

そうそう、私は、一昨日から東京におります。今日帰ります。フランチャイズの集まりでした。刺激も頂き帯広に戻ります。今年、残すところ、月捲りのカレンダー2枚、全力で事業活動したく思っております。

知ってました?

先日、すし屋さんに行ったときに、テーブルの横にあったものですが、関心したので写メしました。

マグロのネタが、どこの部位なのかわかる図です。。。

もっとわかりいいものがないかなぁとググってみたら、こんなのも出てきました。

マグロ解体ショーを東京圏に出張!その場で堪能|結婚式イベント ...

わかりやすいです。大トロって、腹の部分なんですね。。皆さん知っていましたか?

中とろは大トロの周辺と背中部分なんですね。。赤身は、中心の骨付近なのか。。人間同様、マグロも、脂がのるのは、腹部なんでしょうね。

ちなみに、”脳天”っていうネタは、聞いたことがありませんが、一般に出回ているのでしょうか。天ぷらみたいな響きです笑。。希少部位なので、高級?なんでしょうか。。一度、注文してみたく思っております。。

リフォーム事業

10日ほど前の地元紙の一面で、住宅価格の高騰が報じられておりました。確かに、我々も不動産業務をしている中で、値段が上がってきたなぁと感じております。

記事を読むと、ウッドショックによる世界的な資材の高騰、人材不足による人件費の高騰、円安によるさらな資材の高騰が、住宅高騰の要因ということです。

事実なんだろうと思います。これからもこの状況は、しばらく?続くものだと予想されます。物が高くなると、売れなくなる。。。というのは、当たり前のことなんですが、住宅が売れなくなると、我々の業界にも影響出てくるんだろうと予想されます。

考えられることは、多分、土地の値段、下がってくるんだろうと思います。新築物件のための土地需要がなくなるので、必然的にそうなるんだろうと思います。

リフォーム物件の需要が喚起されることも、想定としてあるんだろうと思います。中古物件の買取価格も、取り合い?になるのであれば、価格上昇もあるんだろうと思います。

少し、先のことも予想しながら、業務の推進していかなくてはならない。。んでしょうね。

当社も、あまりリフォームは積極的に行っておりませんでした。。が、しかし、このような状況なので、見よう見まねで、少々、リフォーム再販事業スタートさせております。あまり難しいことはありません。中古物件を買い取って、リフォームして、再販するというだけなんですが。。。

今、帯広市内および郊外で、数棟、試し試し進行中です。買取資金とリフォーム資金が先行投資ということになります。在庫の売れ残りが怖いのはありますが、やっていかないといけないんだろうなぁという気持ちでしょうか。

直近では、近々、帯広市西23条4丁目のリフォーム物件、売り出しになります。リフォーム中の現場、こんな感じでした。今月末に工事終わる予定です。本当かなぁと思ってもいてきましたが、現場の方に聞くと、余裕とのことでした。。そういうもんか。。

関心のある方、内覧されたい方は、直接、ハウスドゥ白樺通(0155-67-8833)まで、お問い合わせください。カーポート付きの物件になります。

物件詳細はここから

 

 

アパマンショップ音更店

新店舗の建築始まりました。

ブログで、少し書いておりましたが、アパマンショップ音更店いよいよ始まるんだなぁという感じです。年明けに新店舗が完成予定です。来春、賃貸の繁忙期に合わせて準備しております。スタッフは、4名体制で運営予定です。スタッフも合わせて募っているところです。うまく人員がそろえばいいのですが。。

ここの店舗では、音更市内および北十勝の賃貸物件を扱う予定です。やってみてですが、うまく軌道に乗ればいいなぁと期待半分、不安半分です。

いずれにせよ、新しいことの始まりは、ワクワクしていいものです。失望に変わらないように、シクシク不動産業に精進していきたく、思っております。

高齢者の立ち退き

ハウスドゥの全国大会も終わり、一息ついている今日この頃です。

静かな11月が進行中です。不動産業界は、賃貸、売買とも、どちらかというと閑散期でしょうか。

電話のなりも少ないです笑。寒くなってくると、人間の行動範囲も、小さくなってくるのでしょうか。それとも、物価上昇の影響でしょうか。

そういう状況ですが、朝1番、お客さん(管理しているアパートの大家さん)から珍しく電話が入りました。

“アパートの入居者を立ち退きさせてほしい”

実は、昨年も同じ依頼をされておりました。アパートの老朽が激しく、壊すので入居者に出て行ってほしいという内容です。残り1人となっておりましたが、この方が、なかなか応じてくれない(ご高齢の方で、私のレベルでは手に負えないレベルでした。)。。。という案件です。大家さんも、入居者も80歳を超える高齢者です。

私と、管理の担当と、何度となく入居者のところに行ってお願いしておりましたが、話すら聞いてくれない状況でした。。。入居者の方も、かなり気性が攻撃的な方で台所から、とがったものを持ち出されてきたときは、”このおじいさん、やばくねぇ”と、命の危険を感じ、私の役割はここまでとしました。

依頼の大家さんには、我々のところは、これ以上限界ですとお伝えして、この先は弁護士さんに頼んでください幕引きしました。。そんなことで、一度、この案件は我々から離れておりました。

大家さんも、できれば費用をかけたくないということで、弁護士さんに依頼しないで解決したいようでしたが。。。。

で、今日、電話が来て、まだこの話、未解決だったのか。。と再認識しました。

結局、弁護士さん紹介することになりました。。

こういう場合の解決方法ですが、この弁護士さん、どのようなやり方をするのか少々興味があります。新店ありましたら、ブログに綴ってみたく思っております。